サハラ砂漠から取れる

ブロンドヘアの女性の後ろ姿

今注目のアルガンオイルとは

近年話題となっているアルガンオイルをご存知でしょうか。 アルガンオイルとはモロッコの南西部のサハラ砂漠が自生地となっているアルガンの種子から取れる植物油のことです。広葉常緑樹であるアルガンの種子は硬く、オイルを搾取するまで非常に手間がかかる上に1本の木から搾取できるオイルの量がきわめて少ないのでアルガンオイルは貴重なものとして知られています。もともとモロッコの原住民、ベルベル人の間でスキンケアやマッサージなどに使用されてきました。アルガンオイルはビタミンE含有量が非常に多く、オリーブオイルの2,3倍と言われています。そのビタミンE含有量や抗酸化作用の高さが評価され、近年日本でも注目されています。

オイルの気になる効果とは

アルガンオイルはスキンケア、ヘアケアに使用することが出来ます。 アルガンオイルにはリノール酸という成分が他のオイルより多く含まれています。このリノール酸は新陳代謝を助けるもので、肌への浸透率を高めます。化粧水を塗る前に、アルガンオイルを数滴つけると、ブースターの役割を果たし、化粧水がより肌に浸透していきます。 さらに、オイルを髪につけることで、切れ毛や髪のパサつきなどのダメージを改善することができます。お風呂上りなど、しっかりタオルドライした髪にオイルを適量つけ、ドライヤーで乾かすことでさらさらでツヤのある髪になります。また、頭皮にオイルを数滴たらし、指の腹で優しく頭皮全体をマッサージすると、頭皮がふかふかになる上に汚れも落とすことができます。 アルガンオイルを上手に日々のスキンケア、ヘアケアに取り入れることで、ますます美に磨きがかかることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加